IRIR情報

  1. HOME
  2. IR情報
  3. 株主・投資家の皆様へ

Message株主・投資家の皆様へ

2016年11月7日に発表したDACの2017年3月期第2四半期決算、アイレップの2016年9月期本決算について、ご説明いたします。詳細につきましては、決算短信決算説明会資料をご覧ください。

■ D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社の設立について
 2016年10月3日、DACおよびアイレップはD.A.コンソーシアムホールディングス株式会社(東証二部、証券コード:6534、以下DACHD)を設立いたしました。DACHDはグループ横断で取り組むテクノロジー・データ戦略やR&D、グローバル戦略を統括し、グループ全体の戦略方針を決定して参ります。なお、DACおよびアイレップはDACHDのもと、事業会社として業務を推進いたします。
 DACHDとしての2017年3月期通期業績予想は、売上高1,700億円、営業利益51億円、経常利益50億円、親会社株主に帰属する当期純利益は25億50百万円としております。

■ DAC 2017年3月期第2四半期決算について
・ 第2四半期累計連結売上高は前年比1.2倍を達成。5/11開示の通期業績予想に対し、順調に推移

 2017年3月期第2四半期累計の連結売上高は、前年比21.6%増収の784億85百万円、売上総利益は前年比8.5%増益の105億34百万円と第1四半期に引き続き、順調に推移いたしました。
 また、昨年度第2四半期に、子会社のユナイテッド株式会社において約12億円の投資利益を計上した反動減の影響があるものの、DAC単体およびアイレップの好調により、営業利益は20億56百万円となりました。

・ DAC単体は動画広告やプレミアムメディア向け広告が牽引
 2017年3月期第2四半期累計の単体売上高は460億68百万円(前年比19.8%増収)、売上総利益は45億20百万円(前年比30.5%増益)、営業利益は8億45百万円(前年比27.6%増益)と、各項目において過去最高の上期実績を更新いたしました。
 主力事業のメディアサービスでは、動画広告が引き続き好調で前年比1.5倍を達成しているほか、LINEやfacebook、twitterなどのコミュニケーションメディアを中心とする注力プレミアムメディア向け広告が牽引しております。

■ アイレップ 2016年9月期本決算について
 直販案件、博報堂DYグループとの協業案件共に大幅に伸長し、売上高は777億95百万円と前年比34.1%の増収となりました。また、売上高の増加に加え、媒体社との取引条件交渉等により、売上総利益は72億17百万円(前年比32.6%増益)、営業利益は18億2百万円(前年比152.4%増益)と大幅な増益を達成いたしました。
 特に、広告代理事業においては、サーチ広告でこれまでの優位性をさらに強化しつつ、サーチ広告以外の高付加価値型の新商品群への取り組みにおいて、DACとの連携を強めることで業績の拡大に貢献いたしました。

今後、両社の経営統合に伴うシナジーを追求し、さらなる成長を目指します。
株主・投資家の皆様におかれましては、引き続きご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社
代表取締役社長 矢嶋 弘毅


pagetop