COMPANY会社情報

  1. HOME
  2. 会社情報
  3. コーポレート・ガバナンス

Corporate Governanceコーポレート・ガバナンス

D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社(以下「当社」といいます)のコーポレート・ガバナンスの状況は以下のとおりです。

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社では、上場会社の企業活動の目的は、経営環境の変化に迅速に対応できる組織体制を構築し、経営の効率性・競争力の発展を重視したうえで、長期持続的な成長を通じ、株主にとっての企業価値の最大化を図ることと認識しております。経営を動機付けし、監視する仕組みは、競争力及び企業価値を長期安定的に高めていくための基本的な要素の一つであり、企業活動を律する枠組みとしてコーポレート・ガバナンスの強化・充実を経営の重要課題と位置付けております。

現状のコーポレート・ガバナンス体制の概要

当社は「取締役会」「監査役会」「監査役」等の会社法で定められている機関に加え、業務執行上の機動的な意思決定を図る「グループ経営会議」を設置しております。

構成員 概要
取締役会 構成員社外取締役2名
(独立役員として指定)を含む11名
概要グループ経営会議での議論を踏まえ、経営環境の分析、将来予測、投資案件の費用対効果等について十分な議論をした上で、経営の意思決定および取締役相互の監督を行う。
監査役
監査役会
構成員社外監査役3名(うち2名を独立役員として指定)を含む5名 概要取締役会へ出席し、さらに常勤監査役は重要な会議体へ出席し、監査の実効性を高める。
グループ経営会議 構成員代表取締役および業務執行取締役を中心とした業務執行の責任者 概要予算・中期計画・組織・投融資案件等の経営上の重要事項について取締役会に先立ち審議を行い、業務執行の現場から報告される重要事項について十分な議論を交わす。
内部監査室 構成員事業部門から独立 概要事業部門の業務に対して法令等の遵守や業務の効率性などの観点から、定期的に内部監査を実施し、監査報告書を代表取締役と監査役会に報告する。また、必要に応じ監査役会に出席し、監査役監査との連携を図る。

その他のコーポレート・ガバナンスに関する事項

1. リスク管理体制の整備状況

会社法及び会社法施行規則に定める「内部統制システム構築の基本方針」を取締役会で決議し、その体制を整備しております。当社は「リスクマネジメント規程」にもとづき、代表取締役社長を委員長とする「リスクマネジメント委員会」を設置するとともに、当社グループのリスク管理を担当する取締役を置き、当社グループの損失の危険を管理する体制を構築します。
また、経営上ならびに事業上の重要なリスクに対応するため、「リスクマネジメント委員会」の分科会として「情報セキュリティ分科会」および「事業継続分科会」を設置し、それぞれの分野のリスクマネジメントを推進しております。

2. 情報開示体制

法令及び東京証券取引所の開示ルールに基づき、適時開示を行うとともに、四半期毎の決算説明会、株主総会後の株主説明会および当社ウェブサイトに設置しているIR関連問い合わせ窓口等を通じて、当社グループの経営方針や事業の詳細を説明し、当社の株主への情報開示を行っております。
詳細はこちらをご覧下さい。

pagetop